さともんは、被害を軽減する確実な方法を普及するだけでなく、守り伝えていきたい地域の魅力や想いを可視化し、共感した支援者と結び付けていくことで、今後の地域活性化のビジョン形成夢の実現をお手伝いしています。

こうした支援が必要な地域と、これまで農村との関係が希薄だった人材と(都市住民・市街地住民・小・中・高校生・主婦・一般企業など)をGift-Giftの関係で結びつけ、多様な人材参画による共創(Co-Creation)を促進し、地域の課題解決や活性化を実現します。

「獣がいフォーラム」多様な担い手で未来を創る

「獣がいフォーラム」多様な担い手で未来を創る

「第1回 獣がいフォーラム」開催 2018年12月14-15日、丹波篠山市で第1回獣がいフォーラムを「多様な担い手で未来を創る」をテーマに開催し、約200人もの方に参加いただきました。フォーラムの趣旨に沿った全体シンポジ...
「獣がい対策」実践塾 多様な担い手で地域を元気にする!

「獣がい対策」実践塾 多様な担い手で地域を元気にする!

多様な人材で農村の未来を創ろう! 人口減少・高齢化社会が迫る現在、確実な手法で「害」を軽減するとともに、地域を活性化していく新たな対策が必要です。「獣がい対策」実践塾では、魅力ある地域を守るために、被害を受ける当事者だけ...
川阪オープンフィールド ~共に創る地域の未来~

川阪オープンフィールド ~共に創る地域の未来~

丹波篠山市川阪集落は広葉樹林の豊かな里山のほか護岸工事の施されていない清流があり、希少種を含む多様な生物を育んでいる自然豊かな土地があります。一方、川阪集落の人口は33人、うち65歳以上の高齢者が16人(高齢化率は約50...
「獣害から地域を守る」丹波篠山黒豆オーナー

「獣害から地域を守る」丹波篠山黒豆オーナー

NPO法人里地里山問題研究所(さともん)では、農村と都市が連携して地域の獣害対策を支援しながら、耕作放棄地を活用して特産品の黒豆畑を再生するプロジェクト「『獣害から地域を守る』丹波篠山黒豆オーナー」を2017年から丹波篠...